Menu

介護保険について

Home
福祉用具と介護保険
介護保険について
◆ 介護保険とは?
40歳以上の方全員が保険加入者となり、保険料を負担し、介護が必要と在住の区(介護認定審査会)に認定されたとき、費用の一割を支払って介護サービスを利用する制度。
*40~64歳の人は、加齢が原因とされる病気(特定疾病)から要介護状態になった場合に限られます。
【Q&A コーナー】

Q.どうすれば介護保険のサービスを受けられますか?          

A.
「要介護認定」により、第1号被保険者(65歳以上)は、要支援1,2・要介護1~5の認定を、第2号被保険者(40~65歳)は、加齢に伴う病気(特定疾病)により、要支援、要介護の認定を受けると、サービスを利用できます

*場合により、あきらかに要介護状態である可能性が高く、緊急の場合は、 認定を受ける前にサービスを利用できる場合もあります(区等に相談必要)
*特定疾病・・・初老期痴呆や脳血管障害、パーキンソン病、癌等(詳しくは、相談窓口に)

Q.要介護認定とは?                         

A.
1.区の相談窓口や在宅介護支援センターに申請(本人や家族)
⇒介護保険証が必要
2.訪問調査
区が委託する調査員から、心身状態について、聞き取りを受ける
3.かかりつけ医の意見書が必要
⇒区の依頼により主治医が意見書を作成
4.認定審査会
「コンピューターによる判定」と「主治医の意見書」「訪問調査による特記事項」をもとに専門化が審査
5.結果の通知
⇒申請から原則30日以内に届き、認定は「要支援1・2」「要介護1~5」の認定と、保険で認められる月々の利用限度額などが通知される

Q.保険料とは別に、サービスを利用するときも費用を支払うのですか?  

A.
介護サービスを利用した時は、サービス利用料の1割を自己負担します。残りの9割は、区が介護保険の財源からサービス事業所に支払われます。

Q.サービスに利用制限はあるのですか?                

A. 要介護状態によって、限度額が設けられています利用限度額を超えてサービスを利用することも出来ますが、その場合は超えた分の費用が全額利用者の負担となります